宮本歯科トップ

《その他の歯科治療》

[無痛治療]

現在では歯の治療の際、痛みを伴う処置の場合にはほぼ100%麻酔をします。歯の治療は痛いという常識は麻酔の発達によって、だいぶ解消したといえるでしょう。宮本歯科で無痛治療のために行っている麻酔の方法は大きく分けると局所麻酔精神鎮静法とに分けられます。

●局所麻酔
歯科治療で通常使用する麻酔の方法は医科の手術などで使用される全身麻酔とは違い、局所麻酔といって治療する部分だけに麻酔を行なう方法です。

●局所麻酔の種類
1.表面麻酔(ひょうめんますい)
浸潤麻酔や伝達麻酔の前に、注射針を入れる場所に麻酔薬を塗って針が入る時の痛みを緩和します。

2.浸潤麻酔(しんじゅんますい)
歯を治療するときは、その歯のまわりに麻酔をします。このように治療する歯を含むある範囲だけに効かせる麻酔を浸潤麻酔といいます。

3.伝達麻酔(でんたつますい)
神経の入ってくる元の部分に麻酔薬を作用させ、そこから先の神経を全体的に麻酔する方法です。主に下顎の大臼歯(奥歯)の治療をする際に用いることが多く、片側の臼歯全体と口唇、そして舌も少ししびれます。

●宮本歯科では通常の歯科治療の場合、治療内容により
1.表面麻酔 + 2.浸潤麻酔、または、1.表面麻酔 + 3.伝達麻酔、の組み合わせで麻酔を行ないます。
表面麻酔にはジェル状の表面麻酔薬を使用し、浸潤麻酔時には極細の注射針と電動注射器の組み合わせにより、麻酔時の針が刺さる痛みも最小限におさえることが可能です。

●精神鎮静法
治療のための麻酔ではなく、治療時に患者さんの心を落ち着かせ、不安や緊張を和らげる方法です。
笑気吸入鎮静法と静脈内鎮静法の2種類がありますがこれらの方法だけでは痛みをなくすことはできないので局所麻酔と組み合わせることで痛みや治療への恐怖心などのストレスを無くすことができます。

1.笑気吸入鎮静法(しょうききゅうにゅうちんせいほう)
笑気20%〜30%酸素80%から70%の割合のガスを吸入して鎮静をはかる方法です。吸入後、5分くらいで効果が現れ、緊張感が取り除かれて幸せな感じ、全身が暖かい感じ、手足がしびれる感じなどが出てきます。
吸入による鎮静法は簡便でありますが、協力の得られない子供には効果があまり期待できません。
しかし笑気には鎮痛効果があり、また高濃度の酸素を吸入させることになるので、この方法は恐怖心の強い患者さんや嘔吐反射がある方(お口の中に器械等を入れてゲ-ッとなる方)、循環器に問題のある患者さんの歯科治療に適していると言えます。

2.静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)
静脈内に鎮静剤を注入し、鎮静を得る方法です。笑気吸入鎮静法に比べて効果が確実ですが、点滴をするといった簡便さに欠ける点が問題としてあります。静脈内鎮静法に使用する薬には健忘効果があり、治療中のことは忘れてしまいます。しかし、鎮痛効果は全くないため、局所麻酔の併用が必要になります。インプラント手術などの外科処置や恐怖心の強い患者さんの歯科治療に適していると言えます。

●宮本歯科では患者さんのご希望により、通常の歯科治療の際は笑気吸入鎮静法と局所麻酔、インプラント一次手術の際は静脈内鎮静違法と局所麻酔を行うことで痛みや不安の無い歯科治療を受けることが出来ます。

1.診療方針
2.院内のご案内
3.診療科目
4.診療時間・アクセス
5.スタッフ紹介
6.トリートメントコーディネーター
7.自費診療について
8.安心の10年保証システム
9.予約・メール相談
0.トップページ

・審美歯科
・インプラント
・ホワイトニング
・歯周病
・予防歯科
・その他の歯科治療

・スタッフ募集

TEL03-5250-7282メール
JR有楽町駅徒歩約3分
東京メトロ
-丸の内線 銀座駅 C8出口
-日比谷線 銀座駅 B4出口
-銀座線 銀座駅 A12出口 より徒歩約1分
・診療時間:月〜金
-9:30-13:00
-14:00-18:00
*土・日曜・祝日休診
地図

Copyright(c)宮本歯科All Rights Reserved.