銀座の歯医者 宮本歯科はインプラント 審美歯科 ホワイトニングなど総合的歯科治療を提供します

患者様の声

宮本歯科ではインプラント治療の際には手術を行う前にあごの骨のCT撮影を行ない、シムプラントによる診断で安全・確実な治療計画を立案し納得いくまでコンサルティングが受けられます。

手術の際は麻酔専門医による静脈内鎮静法で安心・無痛インプラント治療が受けられます。

また治療終了後も定期検診システム10年保証システムにより治療後のケアが受けられます。


インプラントとは

X線写真 ブローネマルクシステム ブローネマルク透過図
インプラント治療とは、何らかの理由で失ってしまった歯のかわりに、人工歯根をあごの骨に埋め、それを土台として失われた歯及びかみ合せの回復を行う治療のことです。

昔からいろいろな材質や形状のインプラントが使われてきましたが、現在では純チタン製のものが主流となり、多くのシステムが開発されています。

ブローネマルクシステム
ノーベルバイオケア社
ブローネマルク博士
ブローネマルク博士
その数々あるインプラントシステムの中で、現在私たちが主に行っているのはノーベルバイオケア社のブローネマルクシステムです。ブローネマルクシステムは、スウェーデンのブローネマルク博士によって1950年代に研究がはじめられ、1965年には臨床へ応用された世界で最初に開発されたインプラントシステムです。

現在では、世界各国の70万人以上の人々に使用され世界的に高い評価をうけており、長期的な臨床結果や医学的なデータも豊富で
どのような症例にも対応できる、現時点では最も信頼性の高いインプラントシステムです。

なぜブローネマルクシステムなのか?

ブローネマルクシステムは他のシステムと比べると費用が高額になります。
目先のことを考えれば他のシステムの方がより安価に治療を行えるかもしれません。

しかし、インプラント治療の場合、インプラントそのものの性能や適用範囲の広さに始まり、使用器材の精度や信頼性の高い滅菌システムなどの管理体制、新製品の研究・開発、衛生士などのアシスタント教育体制、歯科医師の技術研修セミナー、消耗部品の長期間にわたるメーカーのサポートなど、メーカーに頼らざろう得ない部分が大きく、通常の治療よりも遥かにメーカーの信頼性・安定度(製品だけでなく会社本体も)が重要な部分となります。

簡単に言ってしまうと手術などの術式に全く問題が無くてもインプラントの品質に問題があれば治療は成功しません。
また、問題なく機能している症例でも、長期間使用の場合の消耗や、他の場所にインプラントが追加されその場所と連結したい場合などで、インプラントの上に使用している部品を交換しなければならないことがあります。
このような場合何らかの理由(部品の生産打ち切り・メーカーの消滅など)でメーカーのサポートが受けられなければ我々個人レベルでは手のうちようがありません。

またブローネマルクシステムの世界的なシェアの大きさと40年余の歴史による豊富な臨床例と情報量は他のシステムをはるかに上回り、我々臨床医ににとっても非常に有益なものといえます。

宮本歯科では以上を総合的な面で考えた場合、現時点ではブローネマルクシステムが最善と考えています。