アクセス解析
カウンター

中央区銀座の歯医者 宮本歯科は インプラント 審美歯科 ホワイトニング 歯周病 予防歯科 金属アレルギー など総合的歯科治療を提供します

安心・無痛インプラント体験談はこちら


術前CT撮影とシムプラントによる診断で安全なインプラント治療


シムプラント  中央区銀座の宮本歯科 術前CT撮影

インプラント治療を成功させる為には

インプラント治療に限りませんが治療を成功させる為には事前の診査や診断がとても大切です。インプラント治療を安全・確実に行うためには顎(あご)の骨の状態を詳しく調べることが非常に重要です。

例えば上顎(上あご)の場合、上顎洞という空洞のような部分(下図の赤色の部分)があるため、骨が薄くなっている部分があります。
上顎 上顎洞
上顎(上あご)にインプラント治療を行う場合、この上顎洞へ穿孔(突き抜けること)してしまうと治療がうまくいかないばかりか、上顎洞炎などを引き起こす場合があるため、上顎洞の下部までの骨の厚みを正確に把握して絶対に上顎洞へ穿孔しないようにインプラントを入れなければなりません。
もし、骨の厚みが充分でない場合はGBRや骨移植、ソケットリフトやサイナスリフトという骨増生手術(骨の厚さを増やす方法)を併用しなければならない場合もあります。

下顎 下歯槽神経(下顎管) また下顎(下あご)の場合も、下顎管という所に下歯槽神経という太い神経が骨の中を通っています。

この下歯槽神経を傷つけてしまうと口唇などの知覚異常などが起こったりするため、下顎(下あご)にインプラント治療を行う場合は下歯槽神経(下顎管)までの骨の厚みを正確に把握し、下歯槽神経を傷つけないようにインプラントを入れなければなりません。

レントゲン写真だけでは情報量不足

CTとレントゲン写真の違い レントゲン写真だけでも大体の診断はつきますがレントゲン写真は立体的な骨の形を平面で表したものですので正確な厚みなどを測ることは出来ません。

右図の様に、レントゲン写真では、全体の様子がぼんやりとしかわかりません。

それに比べ、CT画像の場合は、それぞれの断面がはっきりとわかるのです。

CT撮影とシムプラントで安全・確実なインプラント治療

中央区銀座のシムプラント 中央区銀座の宮本歯科では治療を行う前ににあごの骨のCT(Computed Tomography)撮影を行い、そのデータをもとにシムプラント(SIM/Plant)というソフトウェアを使ってインプラント埋入のシミュレーションをした上で治療計画を立てています。
CT撮影とシムプラントによって骨の厚みや幅、上顎洞や下顎管の位置などはもちろん、骨の硬さなどレントゲン写真では得られない情報も事前に得られるため、非常に正確な診断が可能になり、より安全で確実なインプラント治療が行えるようになりました。

シムプラントで安心・納得カウンセリング

中央区銀座のシムプラントによる安心・納得カウンセリング通常のCT写真から骨の状態を読み取るにはある程度の熟練が必要なものなので患者さんがご覧になっても非常にわかりづらいものです。
中央区銀座の宮本歯科では患者さんへのカウンセリングの際もシムプラントの3D画像を使って、とてもわかりやすい説明が可能になり、治療内容などを十分納得した上で安心して安全・確実なインプラント治療を受けることが出来るようになりました。