アクセス解析
レンタル掲示板

中央区銀座の歯医者 宮本歯科は インプラント 審美歯科 ホワイトニング 歯周病 予防歯科 金属アレルギー など総合的歯科治療を提供します

安心・無痛インプラント体験談はこちら

宮本歯科ではインプラント手術時に麻酔専門医の全身管理のもと、静脈内鎮静法と局所麻酔を併用することで不安や痛み、時間の経過などを全く感じることのない安心・無痛インプラント手術を受けることが可能です。

麻酔専門医による全身管理

麻酔専門医による静脈内鎮静法 インプラント手術を開始する前に麻酔専門医が点滴をとり、鎮静剤を投与し、局所麻酔を併用します。これにより手術に対する不安や痛み、術中に口をあけたままの状態でいることなどの精神的・身体的ストレスを無くすことが出来ます。

また、手術中は麻酔専門医が血圧や血中酸素飽和度を管理し、常に細心の注意を払っているため安心して治療が行えます。

気が付いた時には治療が終わっています。

手術中は患者さんの意識はあり(少しボーッとした状態で)、ご自分での意思表示やこちら側の呼びかけに対しても答えることが可能です。時間の経過の感覚はあまり無く、1〜2時間の手術が、20〜30分程度で終わったように感じられます。

患者さんからは「気が付いた時には治療が終わっていた。」「普段の治療よりも楽だった。」などの声がよく聞かれます。手術が終わった後もしばらく休んでいただき、寝ぼけたような状態から覚めて思考が明瞭になり、歩行運動などのチェックをした後、ご帰宅していただきます。

静脈内鎮静法によるインプラント手術時の注意事項

1.午前中に治療を受けられる方は、当日の朝起きてから治療が始まるまで食べたり飲んだりしないでください。午後から治療を受けられる方は、治療前6時間前までは食事をしても結構です。
お腹の中を空にしておく事が一番大切な事ですので必ずお守りください。

2.マニキュアはしないで下さい。コンタクトレンズもはずしていただきますのでケース等をご持参下さい。

3.治療終了後、しばらく(30分〜1時間)休んでいただきます。

4.当日は車・バイク・自転車などの運転はできません。