アクセス解析
レンタル掲示板

中央区銀座の歯医者 宮本歯科は インプラント 審美歯科 ホワイトニング 歯周病 予防歯科 金属アレルギー など総合的歯科治療を提供します

歯周病の治療には専門的な治療とメンテナンスが必要ですがそれ以上に患者さんご自身でのプラークコントロール(ハブラシなどでお口の中をきれいに保つこと)などのセルフコントロール(自己管理)が重要になります。また歯周病は慢性的な病気です。悪化するのにも治すのにもある程度の時間がかかります。あせらず、あきらめず、続けることが大切です。

宮本歯科では歯周病治療だけではなく、歯科衛生士による定期的なメンテナンスや患者さんがご自分のお口の中を健康に保つ為のアドバイス、おすすめデンタルケアグッズのご紹介など、皆様のセルフコントロール(自己管理)を成功させる為のお手伝いをさせていただきたいと思っています。

宮本歯科での歯周病治療の流れは以下のようになります。
(歯周病治療が必要な歯にクラウンやブリッジなどの製作が必要な場合や現在のクラウンやブリッジなどに歯周病の二次的な原因としての問題がある場合は歯周病治療が終了するまでは仮歯を作り、かみ合わせの改善や審美・機能面での改善を行います。その後、歯周病治療が終了したあとで最終的なクラウンやブリッジなどの製作に入ります。)

軽度の歯周病の場合

治療期間約1ヶ月 来院回数4〜6回(おおまかな目安としてお考え下さい。)

1.初診(診査・診断)
レントゲン撮影による歯槽骨の検査
歯周組織検査(歯周ポケット測定,プラークの付着,歯の動揺,歯肉の炎症,かみ合わせなど)
TBI(ブラッシング指導) ハブラシ,フロス,糸ようじ,うがい薬などの使い方のご説明をします。
ステイン除去 歯についたヤニや茶渋のようなものを取り除きます。

検査の結果、現在の歯周病の進行状況と今後の治療方針・方法などについて患者さんとご相談の上、ご説明します。
また歯周病の治療には診療室での治療と共に患者さんご自身でのプラークコントロール(ハブラシなどでお口の中をきれいに保つこと)の重要性をよく理解していただけるようご説明します。

2.スケーリング(歯石除去)
歯石の付着状況にもよりますがお口の中全体を3回ぐらいにわけて歯石を取り除き、歯の表面を磨くことでプラークや歯石をつきにくくします。

3.再評価
歯周組織検査(歯周ポケット測定,プラークの付着,歯の動揺,歯肉の炎症,かみ合わせなど)

治療前の検査結果と比較を行うことで治療の効果や患者さんご自身でのプラークコントロールの効果がどの程度現れているかを調べます。

4.メンテナンス
再評価の結果、問題が無ければ3ヶ月から6ヶ月おきに定期的な検査やスケーリング・PMTCなどの治療(メンテナンスといいます)が必要となります。 歯周病は再発の可能性があるため再発防止の為に定期的なメンテナンスが非常に重要になります。このメンテナンス治療と日頃のプラークコントロールの良否によって歯の寿命は大きく変わることになります。

中〜重度歯周病の場合

治療期間約2〜6ヶ月 来院回数10回以上(おおまかな目安としてお考え下さい。)

1.初診(歯周病の診査・診断)
レントゲン撮影による歯槽骨の検査
歯周組織検査(歯周ポケット測定,プラークの付着,歯の動揺,歯肉の炎症,かみ合わせなど)
TBI(ブラッシング指導) ハブラシ,フロス,糸ようじ,うがい薬などの使い方のご説明をします。
ステイン除去 歯についたヤニや茶渋のようなものを取り除きます。
必要に応じ、応急処置(歯肉が腫れている場合の排膿,かみ合わせの調整,投薬など)を行います。

2.スケーリング(歯石除去)
歯石の付着状況にもよりますがお口の中全体を3〜6回ぐらいにわけて歯石を取り除きます。

3.再評価
歯周組織検査(歯周ポケット測定,プラークの付着,歯の動揺,歯肉の炎症,かみ合わせなど)

治療前の検査結果と比較を行うことで治療や患者さんご自身でのプラークコントロールの効果がどの程度現れているかを調べます。

4.ルートプレーニング(深い部分の歯石除去)
歯周組織検査の結果、まだ充分な治療効果が得られていない部分を何回かにわたって徹底的にクリーニングします。
局所麻酔を行いプラークや歯石によって汚染された病的なセメント質を除去して歯根面を滑沢に磨きます。

5.再評価
歯周組織検査(歯周ポケット測定,プラークの付着,歯の動揺,歯肉の炎症,かみ合わせなど)

今までの検査結果と比較を行うことで治療の効果や患者さんご自身でのプラークコントロールの効果がどの程度現れているかを調べます。
必要な場合のみ歯周外科手術を行う場合があります。必要の無い場合はメンテナンスへと進みます。

6.必要な場合のみ歯周組織再生手術(エムドゲイン法・GTR法など)
これまでの治療でまだ充分な治療効果が得られていない部分やすでに失われてしまった歯槽骨の再生のため必要に応じ歯周外科手術(エムドゲイン法・GTR法)を行います。外科手術後、約6ヵ月〜1年で歯槽骨が再生されます。
外科手術後は1〜3ヵ月ぐらい経過を観察してその後メンテナンスへと進みます。

7.メンテナンス
再評価の結果、問題が無ければ3ヶ月から6ヶ月おきに定期的な検査やスケーリング・PMTCなどの治療(メンテナンスといいます)が必要となります。 歯周病は再発の可能性があるため再発防止の為に定期的なメンテナンスが非常に重要になります。このメンテナンス治療と日頃のプラークコントロールの良否によって歯の寿命は大きく変わることになります。
宮本歯科では治療終了後も3ヶ月定期検診システムにより再発の防止に努めています。

歯周病治療成功への条件

歯周病は前述したような治療を行うことで改善の可能性は十分ありますが、より確実に治療を成功させる為には以下の条件がとても重要になります。

(1)患者さんご自身でのプラークコントロール(歯ブラシなどでお口の中をきれいに保つこと)が充分に行われていること。

(2)咬合性外傷(歯ぎしりなどによるかみ合わせによる歯周組織の破壊)がある場合はかみ合わせの改善を行うこと。

(3)クラウン(かぶせ物)やインレー(詰め物)などが装着されている場合、クラウンなどの精度が高く、段差や隙間がなく、プラークコントロールが行いやすい形状になっていること。

(4)喫煙や糖尿病その他の歯周病の二次的な要因を極力減らすこと。

宮本歯科ではここに挙げた条件を含めた総合的な歯周病治療を行うことで治療効果を最大限に高めるよう努力しています。