宮本歯科

セラミックインレー(アンレー)

セラミックインレー・セラミックアンレー・・・宮本歯科のおすすめです。

歯の虫歯を削り、セラミックの詰め物を詰める治療方法です。

歯にできた虫歯が小さく範囲が狭い場合や治療済の金属などを詰め替える場合などで、健全な部分が多く残っている場合に行う治療方法です。

インレーは小さな虫歯、アンレーは中ぐらいの虫歯に詰める詰め物です。

オールセラミッククラウンなどと同様に歯の透明感や色を再現し、自然な仕上がりになります。

セラミックインレー・セラミックアンレーによる治療法のメリットは

デメリットとしては

が挙げられます。

宮本歯科ではIvoclar Vivadent のe.max(イーマックス) というシステムで作られたセラミックインレー、アンレーを使用しています。

このイーマックスインレー(アンレー)は最先端のガラスセラミックという材質で作られており、従来のセラミックの3~5倍の曲げ強度を持ちながらも硬すぎず、天然歯に近い摩耗性を持っているという歯に優しい素材です。

イーマックスインレー(アンレー)は歯と分子レベルで強固に接着するため治療後の2次う蝕の可能性も低く抑えられます。

セラミックインレー(イーマックスインレー)


セラミックインレー


セラミックインレー 模型上

イーマックスインレー
-費用:1歯につき60,000円(税別)

セラミックアンレー(イーマックスアンレー)


セラミックアンレー


セラミックアンレー 模型上


セラミックアンレー 模型上

イーマックスインレー
-費用:1歯につき70,000円(税別)

ハイブリッドセラミックインレー・ハイブリッドセラミックアンレー

歯の虫歯を削り、ハイブリッドセラミックの詰め物を詰める治療方法です。
宮本歯科ではエステニアまたはグラディアというハイブリッドセラミックを使用しています。

歯にできた虫歯が小さく範囲が狭い場合や治療済の金属などを詰め替える場合などで、健全な部分が多く残っている場合に行う治療方法です。インレーは小さな虫歯、アンレーは中ぐらいの虫歯に詰める詰め物です。
オールセラミッククラウンなどと同様に歯の透明感や色を再現し、自然な仕上がりになります。
見た目はセラミックとほとんど見分けがつきませんが、長期間の使用により若干の磨耗がおこり透明感やつやがなくなる場合があります。

ハイブリッドセラミックインレー・ハイブリッドセラミックアンレーによる治療法のメリットは

デメリットとしては

が挙げられます。

ハイブリッドセラミックインレー(エステニアインレー,グラディアインレー)
-費用:1歯につき60,000円(税別)

ハイブリッドセラミックアンレー(エステニアアンレー,グラディアアンレー)
-費用:1歯につき70,000円(税別)

安心の10年保証システム

宮本歯科では審美治療後も6ヶ月に1度の定期検診を欠かさずに受けていただくことを前提に自費診療(保険外診療)により製作したクラウンの破損(オールセラミッククラウン,メタルセラミッククラウン,ゴールドクラウン)およびインプラント治療に関しては10年間の保証制度がございます。(インレー,アンレーに関しては5年間)詳しくは安心の10年保証システムのページをご覧ください。