宮本歯科

インプラント治療の進め方

1.インプラント治療前の検査

治療を行なう前に診断用の歯型をとったり、全身状態についての問診や血液検査・レントゲン写真・CTスキャンなどの必要な検査を行い、シムプラント(SIM/Plant)というソフトウェアを使ってコンピューターでシミュレーションをした上でインプラント治療に適した状態であるかどうかを判断します。

詳しくはシムプラントによる安全なインプラントをご覧ください。


2.治療計画

インプラント治療が可能であれば、今後の治療の方法やスケジュール、費用などについてお話し合いをした上で治療計画を作成し、治療計画書(治療期間や費用のお見積書)をお渡しします。この際に疑問な点や治療に対するご希望などありましたらどんなことでもご遠慮せずに御相談下さい。

3.術前治療

インプラント手術を行う前に必要であれば、歯周病(歯槽ノウロウ)や、カリエス(虫歯)の治療、仮歯の製作などを行います。

4.インプラント一次手術

麻酔専門医による静脈内鎮静法という方法を用いて恐怖感や痛みなどの苦痛を感じることなく、局所麻酔下で、あごの骨の中にインプラント(チタン製の人工歯根)を埋め込みます。

傷口は歯肉を縫い合わせて完全に閉じられます。
インプラント手術後のご注意もご覧ください。

5.治癒期間

インプラントと周囲の骨との結合(オッセオインテグレーション)が得られるまで3~6ヶ月、治癒期間を設けます。 この間は仮歯を使っていただき、必要に応じて定期検査が行われます。

6.インプラント二次手術

局所麻酔下で歯肉を開いて周囲の骨とのオッセオインテグレーションが得られたことが確認された後、アバットメントと呼ばれるクラウン(歯の形をした部分)を連結するための中継ぎの役割をする部分をインプラントに取り付けます。

7.印象採得(型とり)

二次手術の後、数週間おいてクラウンを作るための型をとります。仮歯の製作なども行います。

8.クラウン装着

セラミック又は金属製のクラウンをアバットメントに取り付けて完了です。

9.メンテナンス(定期検査)

クラウン装着後、必要に応じ2週間~1ヶ月後に検査を行います。
その後は、3~6ヶ月おきに定期検査を行います。

安心の10年保証システム

宮本歯科では治療後も6ヶ月に1度の定期検診を欠かさずに受けていただくことを前提に自費治療(保険外診療)により製作したクラウンの破損(オールセラミッククラウン,メタルセラミッククラウン,ゴールドクラウン)およびインプラント治療に関しては10年間の保証制度がございます。(インレー,アンレーに関しては5年間) 詳しくは安心の10年保証システムのページをご覧ください。