1. トップ
  2. 治療内容
  3. 審美歯科
  4. ファイバーコア

ファイバーコア Glassfiber Core 歯に与えるダメージが少なく
金属アレルギーもありません。

ファイバーコア

天然歯に近い特性で
歯根破折リスクを
低減させた治療が
可能です。

虫歯などで神経をとった歯は根管治療を行った後、歯根を補強するためコアという芯になる土台を歯根の中に入れてクラウン(被せ物)で治療します。

コアは金属製のメタルコアが多くつかわれ、現在保険治療で使われているコアの材質は銀を主体にした合金です。金属のため錆びてしまったり、溶け出した成分で歯や歯ぐきが変色することがあります。また最大の問題は、歯と金属の柔軟性や堅さが異なることで「くさび」の様に作用して、根管治療をした大切な歯を割ってしまう歯根破折のリスクが高い点です。

自費診療では金合金コアも使われますが、金属を全く使用しないい素材であるファイバーコアは弾性(しなやかさ)があり、衝撃を吸収する特性もあるため歯を割ってしまうリスクを低減します。白色で光を透過するので、被せ物の白い歯も自然な透明感となります。金属を一切使用しないファイバーコアは金属アレルギーの心配もありません。このようにファイバーコアは歯とからだに優しい歯科治療の土台となる素材です。

歯にやさしいファイバーコア

ファイバーコアは歯に近い弾性を持っているので歯より硬い金属性のメタルコアに比べ歯根破折のリスクを低減させ歯の寿命を延ばすことができます。

光透過性が良いファイバーコア

メタルコアは光を透過しませんがファイバーコアは光の透過性が高いため、オールセラミッククラウンの被せ物で自然で透明感のある歯を再現できます。

メタルフリー(ノンメタル)のファイバーコア

銀合金のコアは経年変化で成分が溶け出し、歯や歯肉を黒く変色させてしまうことがあります。ファイバーコアによる歯肉の変色はありません。金属を全く使用しないファイバーコアは、金属アレルギーの方にも適しています。

ファイバーコア 治療費

ファイバーコア 1歯 ¥22,000

*治療費は全て 税込の価格となっております。

ファイバーコア 症例紹介

奥歯3歯をセラミックで治療した審美歯科

治療前

治療後

治療内容

・セラミッククラウン
・ファイバーコア
・セラミックインレー

前歯6歯にセラミックブリッジの治療をした審美歯科

治療前

治療後

治療内容

・ジルコニアセラミッククラウンブリッジ
・ファイバーコア
・ナイトガード

前歯4歯をセラミッククラウンで治療した審美歯科

治療前

治療後

治療内容

オールセラミッククラウン
ファイバーコア
ホームホワイトニング